メインコンテンツに移動

bmt配信ニュース ベアリング&モーション技術の情報サイト

BASF、独ルートヴィッヒスハーフェン拠点で中分子ポリイソブテンの生産能力を拡大

1ヶ月 4週 ago
BASF、独ルートヴィッヒスハーフェン拠点で中分子ポリイソブテンの生産能力を拡大kat 2023年10日11日(水) in

 BASFは、OPPANOL®(オパノール) Bの製品名で販売されている中分子ポリイソブテンの、自社拠点における生産能力を25%拡大する。今回の投資は、高品質の中分子ポリイソブテンに対する世界的な需要の高まりに対応するためのもので、2025 年前半までに、生産能力の拡大を完了する予定。

 BASF 燃料・潤滑油ソリューション部門 シニア・バイスプレジデントのレナ・アダム氏は、「今回の中分子ポリイソブテンの生産能力拡大によって、BASFはさまざまな業界の顧客からの厳しい要求に応え、顧客の成長をサポートする、信頼できるサプライヤーになりたいと考えている」と語っている。

 中分子ポリイソブテンは、自動車、建設、エレクトロニクス、食品・包装業界など、さまざまな業種の製品に必要不可欠なコンポーネントで、用途としては、表面保護フィルム、窓枠用シーラント、電池用バインダー材料、また食品包装材などが挙げられる。

 BASF のグローバル・マーケティングおよび製品開発、燃料・潤滑油ソリューション部門のバイスプレジデントであるターニャ・ロスト氏は、「BASFの中分子ポリイソブテンOPPANOL® Bの生産能力を拡大することで、顧客はエネルギー効率の高い住宅など、持続可能な開発に貢献する革新的なソリューションによって成長できるようになる。主要原材料への後方統合を強化することで、中分子ポリイソブテンの世界的リーダーとしてのBASFの強みを最大限に活用していく」と述べている。

kat

木村洋行、ローラースクリューを用いた電動アクチュエータと超薄型ボールベアリングの 加工分野での適用を拡大

1ヶ月 4週 ago
木村洋行、ローラースクリューを用いた電動アクチュエータと超薄型ボールベアリングの 加工分野での適用を拡大 in kat 2023年10日11日(水) in in ローラースクリュー 概要と特長

 木村洋行(https://premium.ipros.jp/kimurayoko/)では、2020年1月からEWELLIX(エバリックス)社の直動製品の取り扱いを開始している。エバリックスは、アプリケーションごとのニーズに合わせたカスタマイズのソリューションに定評がある直動製品メーカーで、本年1月にSchaeffler(シェフラー)社の傘下となり、かねてから進めてきたセンサーおよびコントローラー関連の研究開発を加速させている。

 エバリックス独自の直動製品の一つに、「ローラースクリュー」がある。ボールを転動体とするボールねじが点接触で運動するのに対し、ローラーを転動体とするローラースクリューは面接触で運動するため、ボールねじに比べ①高荷重の支持、②長寿命、③高剛性、といった特長を持つ。

 図1(a)は、𝐿10寿命計算に使われる基本動定格荷重(一群の同じ製品を運転した時に、その内の 90%がはく離を起こさずに回転できる寿命が100万回転になるような軸方向荷重、Ca)の比較だが、図1(a)からは例えば同じ軸径φラースクリューの基本動定格荷重は130kN程度と、より大きな荷重が受けられることが分かる。

 このことから図1(b)に示すとおり、同じ基本動定格荷重で見ると、高負荷容量ボールねじに比べエバリックスのローラースクリューは、ナットの長さを約3〜4割短縮できる。これは、ナットのダウンサイジングによる省スペース化が図れ、装置をコンパクト化できることを意味する。

 また、ボールねじなどの軸方向荷重としては一般的に、メーカーは基本動定格荷重の30%以下で使用することを推奨している。この値が許容荷重で、図1(c)は、エバリックスのローラースクリューが面接触により面圧を分散できるため、同じ軸径で比較すると、高負荷容量ボールねじの約3.3倍の許容荷重を有すること、つまり、はるかに高い耐荷重能力を持つことを示している。

 こうしたことからローラースクリューでは、同等の基本動定格荷重であればボールねじに比べ軸径の小さな製品にダウンサイジングでき、重量を大幅に軽くすることで、慣性モーメント(イナーシャ)も大幅に小さくできる(図2)。

 エバリックスのローラースクリューのシリーズとしては、大別して遊星型と循環型があるが、ここでは遊星型ローラースクリュー「SR」と、それを用いた電動アクチュエータ「CEMC」の概要について、さらにはCEMCの加工分野における適用例について紹介する。
 

図1 エバリックス ローラースクリュー vs. 重荷重用ボールねじ(リード10mmで比較)

 

図2 同等の基本動定格荷重のボールねじからのダウンサイジングの効果

 

遊星型ローラースクリュー

 遊星型ローラースクリュー「SR」は、ねじ軸と、ねじ軸の周りに、ガイドで固定してそれぞれが非接触で配置された、両先端にギヤを切り本体には螺旋ねじを持つローラー、ローラー先端のギヤが噛み合う内歯車(ギヤリング:toothed ring)、ローラーの螺旋ねじと同じ角度の螺旋溝を内側に施したナットなどから構成される(図3)。

 ねじ軸の回転とともに各ローラーは、先端のギヤがギヤリングと噛み合いながら軸の周りを遊星運動で回転、これによってナットの直線運動へと変換される。

 遊星型ローラースクリューの特長としては、転がり接触によって低摩擦で、耐荷重能力が高く、循環型ローラースクリューのような循環機構を必要とせず、また衝撃荷重・振動を受けないため高速・高加速が要求されるアプリケーションに適していること、などが挙げられる。ローラー先端のギヤとギヤリングとの噛み合いによって、ボールねじで見られるような高加速の際の滑りも起こらない。
 

図3 遊星型ローラースクリューの構造

 

遊星型ローラースクリューを用いた高性能アクチュエータ

 電動アクチュエータ「CEMC」は、中空シャフトモーターのシャフトに上述の遊星型ローラースクリューを用いている(図4図5)。このためCEMCは、ローラースクリューの特長である①高荷重の支持、②長寿命、③高剛性、を実現する。コンパクトで高推力を図りつつ、イナーシャを最小化することによって制御性・応答性が良好で、サイクルタイムを劇的に改善し高い生産性を実現できる。
 
 

図4 CEMCの外観:1.給油ニップル 2.プッシュチューブ 3.アンギュラ玉軸受 4.遊星型ローラースクリュー 5.中空シャフトサーボモーター 6.モーター用コネクター 7.フェールセーフ用ブレーキオプション 8.位置フィードバックオプション 9.防塵用スクレーパーシール

 

図5 CEMCの構造

 

加工分野での適用事例

 ローラースクリューを用いた電動アクチュエータは、スポット溶接ロボットや樹脂を押し出す射出成形機やブロー成形機、金属加工に用いるサーボプレス機など、高荷重がかかる用途で多くの実績を持つ。スポット溶接ロボットではXタイプのガンフレームとCタイプのガンフレームで採用されていて、Xタイプガンフレーム(図6)では、溶接するワークを挟む機構として二つのガンアームを最大ストローク180mmで駆動させ、スポット溶接ガンの加圧力(~25kN)を保持する。また、Cタイプガンフレームでは、一つのガンアームをXタイプよりも高速に、最大ストローク300mmで駆動させ、スポット溶接ガンの加圧力(~15kN)を保持する。

 ボールねじを大径にしないと高推力を発生できず、装置内で大径ボールねじのスペースが確保できないような場合に、ローラースクリューとそれを用いた電動アクチュエータでは、ダウンサイジングによる省スペース化が可能となる。

 一方、高推力が必要とされる際に多用されてきた油圧アクチュエータから、CEMCなどのローラースクリューを用いた電動アクチュエータへと置き替えることによって、制御性や分解能を向上でき、必要とされるエネルギーを大幅に削減できるほか、油圧作動油の管理といったメンテナンスコストが削減できるなど、生産コストの低減と生産効率の向上に寄与できる。
 

図6 スポット溶接ロボットⅩタイプガンフレームでの適用例
超薄型ボールベアリング 概要と特長

 木村洋行は長年にわたり、1950年代に世界で初めて超薄型ボールベアリング「Reali-Slimシリーズ」(図7)を開発し、量産を開始した唯一の専門メーカーKAYDON(ケイドン)社の日本総代理店を務めている。ケイドンは現在、SKFグループ企業として、あらゆる用途に応じたカスタムベアリングの開発も手掛けている

 

図7 内径が大きくなっても断面サイズが一定の
ケイドン超薄型ボールベアリング

 

 ケイドン超薄型ボールベアリングの最大の特長としては、断面が超薄型のため装置に占めるベアリングのスペースを最小化でき、装置全体の省スペース・軽量化が図れ、設計の自由度が向上する点が挙げられる。一般的なISO規格・JIS規格のベアリングでは内径が大きくなるのに比例して断面サイズも大きくなるのに対し、ケイドン超薄型ベアリングは断面サイズでシリーズ化されており、図7に示すとおり、内径が大きくなっても同じシリーズ内であれば断面サイズは変わらない。

 ケイドン超薄型ボールベアリングには、ラジアル荷重を受ける深溝型(Type-C)と、通常は2列以上の複列で用いてラジアル荷重、アキシアル荷重とモーメント荷重の複合荷重を同時に支えることができるアンギュラコンタクト型(Type-A)、この複合荷重を単列のベアリングのみで受けられる4点接触型(Type-X)がある。特に、複合荷重を受けられる4点接触型を使用することで大口径中空シャフトへの置き換えが可能になるだけでなく、単列仕様にできるため軸方向の長さをさらに短縮できる。気体・液体の配管類、電気配線やスリップリングなどを中空シャフト内に収納可能など、フレキシブルで効率的なデザインにできる。

 

加工分野での適用事例

 ケイドン超薄型ベアリングは内径が大きくなっても断面サイズが超薄型なことから、工作機械でも省スペース設計が可能で、外輪に歯切りした大口径ターンテーブル用ベアリングや、ツールチェンジャー用ベアリングなどに採用され、装置の省スペース設計のほか軽量化による消費電力の低減にも寄与している。
 工作機械でも砥石がワークの外周側を回転する用途では、砥石を支持するベアリングの内径を大きくしつつ外径寸法を抑える必要がある。このような用途では、ケイドン超薄型ボールベアリングの使用が有効な解決策となる。

 

今後の展開

 ものづくり現場での自動化・ロボット化が進展し効率向上からメンテナンス期間延長などが求められる中で、耐久性が高いエバリックスの電動アクチュエータの採用が進んできている。また、装置の省スペース設計が可能な点からは、エバリックスのローラースクリューやケイドンの超薄型ベアリングが注目されてきている。いずれも高い負荷容量、長寿命化を実現しつつ、サイズダウン化でき軽量化が図れることからは、装置の消費電力の低減、ひいてはCO2削減にも寄与できる。

 シェフラーグループの一員として万全の開発バックアップ体制のもと、エバリックスでは近年進めてきたセンサーやコントローラーの研究開発が加速してきており、伝送速度が速く拡張性の高いコントローラー・エリア・ネットワーク(CAN)バス通信規格に対応した製品が投入されてきている。CANバス通信規格に対応したスマート電動アクチュエータ「CAHB-2xS(2xSのラインナップ:20S、21S、22S)」は、素早く滑らかな動作を実現できるため、より高い生産性を実現できる。高荷重条件で使われ近年IoT化の進む建設機械の荷台駆動などで素早く角度を変えるといった、屋外における適用も拡大してきている(図8)。

 木村洋行では、このように製品・技術・アプリケーション情報のアップデートを常に図っている。製品・技術・アプリケーションに関する知見とノウハウを蓄積しつつ、ユーザーとの対話の中でニーズを的確にとらえることで、さまざまな用途に合わせてカスタマイズが可能なエバリックス製品とケイドン製品の特質を生かした、ユーザーの仕様に最適なソリューションを提供していく。同社ではまた、従来から実施している、機械を正常に稼働させるための総合的な技術的サポートについても引き続き注力していく考えだ。
 
 

図8  CAHB-2xSの建設機械での適用例

 

kat

THK、ジャパンモビリティショーで独自開発のEVプロトタイプを披露

1ヶ月 4週 ago
THK、ジャパンモビリティショーで独自開発のEVプロトタイプを披露kat 2023年10日11日(水) in in

 THKは、10月25日~(一般公開は10月28日~)11月5日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023、JMS)」に初出展し、実走行可能なEVプロトタイプである「LSR-05」を世界で初めて披露する。

 本EVプロトタイプには、THKが独自開発したEV向け先進技術が多数搭載。デザインはSN DESIGN PLATFORM(SNDP)が担当し、両社が一体となって未来に向けた新しいモビリティの姿を具現化した。

 

ダイナミックかつエレガントなエクステリアのクロスオーバー4シータークーペ 「LSR-05」
サイズは全長4995mm、全幅1965mm、全高1530mm

 

 クロスオーバー4シータークーペ「LSR-05」は、「ラグジュアリーでスポーティなデザイン、革新的な技術」をキーワードに開発された。車名は、Luxury、Sport、Revolutionそれぞれの頭文字を表す。

 この車名は、1972年にTHKが世界で初めて開発した「直線運動案内」である初代LMガイド「LSR」にも由来するほか、創業50周年の節目という思いと、車の開発をスタートしてから5世代目という意味が「05」には込められている。

 プラットフォームにはTHK独自開発の93kW(800V仕様)の可変磁束型インホイールモーターをリアに2基、フロントには220kW(800V仕様)のモーターを1基搭載した4輪ステア機構を採用。さらにはアクティブサスペンション、MR流体減衰力可変ダンパー、電動ブレーキなどを搭載し、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。

 また、室内に採用したステルスシートスライドシステムはフロアの完全なフラット化を可能とし、高級感ある快適な空間を演出する。

 非接触給電システムも採用することなど、LSR-05ではTHKが目指す未来に向けた新しいモビリティの姿を表現している。

THKが独自開発しLSR-05に搭載したEV向け先進技術


 

kat

BASF、サステナビリティを意識した調達用デジタルアプリケーションをリリース

2ヶ月 ago
BASF、サステナビリティを意識した調達用デジタルアプリケーションをリリースkat 2023年10日06日(金) in

 BASFは、ユーザーがBASFから購入する製品カーボンフットプリント(PCF)をよりよく把握できるように設計された、新しいデジタルアプリケーション「MyCarbonFootprint」をリリースした。これは、CO2削減や再生可能原料の使用に関するサステナビリティ目標の達成に向け、ユーザーがBASFの最適なソリューションを特定するのにも役立つもので、医薬品原料、アミノ樹脂、ブタンジオールおよびその誘導体、酸および多価アルコール、アセチレン誘導体、カルボニル誘導体、アミン類など、厳選された700を超えるBASF化学品中間体事業部の大量生産製品のデータが含まれている。MyCarbonFootprintに含まれる製品を購入している50社以上のユーザーに提供、ユーザーでの利用が始まっている。

 

 MyCarbonFootprintは、ユーザーが購入するBASF製品の「Cradle-to-gate」(ゆりかごからゲートまで)のPCFをユーザーに知らせるほか、このアプリは、製品の製造に使用される再生可能原料の割合を表示する。データはユーザーごとにカスタマイズされ、選択した製品の購入量に応じて、MyCarbonFootprintがCO2排出量、PCF、再生可能原料の割合を、それぞれのユーザーのBASFでの購入ポートフォリオに合わせて計算する。

 MyCarbonFootprintを利用すると、CO2排出量と再生可能原料の使用について、購入ポートフォリオの調整が自社のサステナビリティステータスに与える影響を確認できる。例えば、MyCarbonFootprintは、以前購入した製品の代わりに、より低いPCFを選択した場合の潜在的なCO2排出の削減量を計算する。また、適切な製品を選択することでバリューチェーンにおける再生可能原料の割合を増やすことができるように、さまざまな代替案を示す。

 BASF中間体事業本部グローバル戦略マーケティング担当のニールス・メーラー氏は、「当社は、ユーザーがCO2排出量削減目標を追求する際に必要な透明性を確保し、BASFポートフォリオから最適な製品を選択することでサステナビリティの目標を実現するために、MyCarbonFootprintを開発した」と述べる。同氏が率いるチームは、この革新的なITツールを発明し、市場投入に向けて開発を続けてきた。

 MyCarbonFootprintは、BASFのポートフォリオのさまざまな持続可能製品の概要を提供する。例えば、BASFのユーザーは、BASFの低いPCFを使用することで、CO2排出量を削減できる。これらの製品は、特定のユーザーの要望に基づき、PCFが基準値と比較して大幅に削減されている。低PCFポートフォリオには、バイオベースまたはバイオマスバランス(BMB)製品などが含まれており、化石資源由来の標準的な製品よりもCO2排出量の削減に貢献する。また、BASFは、PCFがゼロまたはゼロ未満のネットゼロ製品も一部で提供している。

 BMB製品への切り替えは、ユーザーがバリューチェーンにおける再生可能原料の割合を増やす、容易な方法でもある。BMBアプローチにおいて、BASFは化学品生産の初期段階で再生可能原料をフェアブントに投入する。そして、これらの原料の割合が、認証済みのマスバランス方式によって特定の販売製品に割り当てられる。BASFのバイオマスバランス製品の認証は、REDcert2やISCC PLUS4などの広く認められた基準に基づいて行われる。

 バイオマスバランス製品は、化石資源由来の標準製品と品質や特性が同等であるため、ドロップインソリューションとして利用できる。ユーザーは、既存の製造工程を変更することなく、これらの製品を使用できる。

kat

THK、文化財展示ケース用免震テーブルの受注を開始

2ヶ月 ago
THK、文化財展示ケース用免震テーブルの受注を開始kat 2023年10日05日(木) in

 THKは、歴史的文化財を所有する文化施設向けに展示ケース用の免震テーブル「VIT型」を開発した。10月から受注を開始している。

免震テーブル「VIT型」
行灯型独立展示ケースの真下に置くだけで設置完了

 

 文化財展示ケース用免震テーブルVIT型は、博物館や美術館などの文化施設に導入される外周4面をガラスで覆った行灯型独立展示ケースを主なターゲットとした薄型設計(高さは最小96mm)の免震機器。免震構造は支承(直動案内)・復元(ばね)・減衰(粘性ダンパー)の機能が一つに組み込まれており、展示用ガラスケースの真下に設置することで、ケース自体はもちろんのこと、歴史的に貴重な文化財を地震の大きな被害から守る備えとなる。

 THKは、世界中の産業機械で採用されてきた直動案内の技術を応用して、建物用免震からフロア免震まで名実共に数多くの実績を積み重ねてきた。地震の揺れを低減して大切なものを保全するTHK免震により、ユーザーのニーズに合わせた最適な地震対策を提案する。

支承部に搭載された直動案内の構造

 

 特長は以下のとおり

・展示ケースの仕様に合った製品ラインナップ:規格化された展示ケースの形状に合わせ た4サイズ(□600、□750、□900、□1200をラインナップ。展示ケースに合わせたオプション品(アジャスタ、キャスタ、スライド巾木もラインアップ)

・直動案内の特性を最大限に活用して地震の揺れを低減:搭載物はボール循環方式による転がり案内「ユーティリティスライドUGR」に支持され、分離しない構造。引抜力やねじれにも対応し、ガタツキのない安定した動作で搭載物を地震から守る。粘性ダンパーによる減衰機構と引張ばねによる復元機能を有する。

・実証された免震性能:震度6弱以上の大地震を想定した免震性能を保有し、応答解析と振動試験結果が一致していることを検証済み

展示ケース振動試験結果 加速度応答(1995年兵庫県南部地震 神戸市内観測波による)

 

kat

BASF、バイオベースの1,4-ブタンジオールの長期使用権を獲得

2ヶ月 ago
BASF、バイオベースの1,4-ブタンジオールの長期使用権を獲得kat 2023年10日02日(月) in

 独BASFは、米国Cargill社と独HELM社の合弁会社である米国Qore® 社と契約を締結し、バイオベースの1,4-ブタンジオール(BDO)である「QIRA®」の長期的入手を可能にした。

 Qore®は、アイオワ州エディビルにあるCargill(カーギル)のバイオテクノロジー キャンパスとトウモロコシ精製工場でバイオベースのBDOを製造している。BASFはQIRA®によって、例えばポリテトラメチレンエーテルグリコール(ポリテトラヒドロフラン)「PolyTHF®」やテトラヒドロフラン(THF)のバイオベース製品で、既存のBDO誘導体の製品ラインアップを拡大する。最初の商業出荷は2025年第1四半期を予定している。

 Qore®はQIRA®ブランドのもと、バイオベースのBDOを製造している。QIRA®は、トウモロコシから得られる植物由来の糖類の発酵によって製造されており、化石資源由来のBDOと同じ品質の製品規格を実現している。

 Qore®のCEOであるJon Veldhouse氏は、次のように述べています。「QIRA®は、業界がより持続可能な代替品に迅速かつシームレスに切り替えるための、完璧なドロップイン製品(代替可能な製品)。QIRA®に切り替えることで、化石資源由来のBDOよりも製品カーボンフットプリント(PCF)を最大86%削減できる可能性がある」と語っている。

 QIRA®を使用することで、BASFは対応する化石資源由来化学品よりも低いPCFのBDO誘導体を製造できるようになる。QIRA®をベースとするBDO誘導体は、化石資源由来のBDOを用いた誘導体と同等の品質を備えている。

 BASF中間体事業本部 グローバル戦略マーケティング担当のウルフガング・ミュラー氏は、「QIRA®を使用できるようになったことで、PCFを削減するだけでなく、 再生可能原料の物理的含有量も保証するBDO誘導体を、顧客に大量に提供できるようになる。これにより、バイオマスバランス製品、低PCF製品、BASFの「ChemCycling®(ケミサイクリング™)」アプローチに沿って製造された製品などを含む、持続可能なソリュー ションの既存ポートフォリオをさらに多様化していく」と述べている。

 Qore®CEOのJon Veldhouse氏は、「BASFと提携し、より持続可能な材料ソリュー ションを市場に提供できることを誇りに思う。今回の提携によって、QIRA®が化石資源由来のBDOに代わる重要な代替品であり、誘導体のサステナビリティを大幅に高めるものであることが示されている。QIRA®はアパレル、自動車、エレクトロニクスなどの市場においてさまざまな用途に使用できる、革新的なプラットフォーム化学物質だ」と述べている。

 BDOは、水着、スポーツウェア、下着、さらにはシャツやストレッチジーンズなどのアウターウェアなど、幅広いテキスタイルに使用される、伸縮性のあるスパンデックスやエラスタンファイバーに不可欠な出発原料である、PolyTHF®を製造するための重要な前駆体で、PolyTHF®は、熱可塑性ポリウレタン(TPU)製造のための化学的基本的骨格。BASFの顧客はTPUを使用して、主に自動車産業向けの耐摩耗性・伸縮性に優れたホース、フィルム、ケーブル被覆を製造している。その他の用途としては、スケートボードやインラインスケートのホイール製造に使用される熱可塑性ポリエーテルエステル、ポリエーテルアミド、キャストエラストマーなどがある。欧州、北米、アジア太平洋地域に五つのPolyTHF®製造プラントを持つBASFは、多用途中間体の大手サプライヤー。BDOは、主に医薬品の製造に使用されるTHFに活用されている中間体でもある。BASFは世界有数のBDO誘導体の製造業者となっている。

 

kat

表面設計コンソーシアムが設立、11月15日にKISTECで設立講演会を開催

2ヶ月 1週 ago
表面設計コンソーシアムが設立、11月15日にKISTECで設立講演会を開催 in kat 2023年09日25日(月) in

 「表面設計コンソーシアム」(https://surfacedesignconsortium.com/)がこのほど、複雑な表面課題にソリューションを提供しつつ、今後求められる表面課題に対応する複合処理の技術開発をする目的で設立された。創設メンバーは、微粒子投射技術を有する不二WPC(https://www.fujiwpc.co.jp/)と、多様なコーティング技術を持つ日本電子工業(http://www.ndkinc.co.jp/)、熱処理技術を提供する武藤工業(https://www.mt-k.com/)、金型の設計・製造を手掛ける昭和精工(https://www.showa-seiko.co.jp/)に加えて、豊富な分析評価技術を保有する神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)、理論構築を担う横浜国立大学。

 

 表面設計コンソーシアムは、単一の技術では対応できない表面に関わるユーザーのニーズ・オーダー(表面課題)に対して、表面技術のスペシャリスト集団がエンジニアリングの立場から共同受注し、計測・評価を経た根拠のある合理的で最適なバリューコストを高める表面設計ソリューション、また、各種の表面損傷に対して寿命予測が可能な表面設計ソリューションを開発し提供することを目的とするもの。

 一方で、将来的に必要とされるであろう表面課題に対応する複合処理の技術開発も行っていく。

 同コンソーシアムは11月15日15:00~17:15、神奈川県海老名市のKISTEC海老名本部(https://www.kistec.jp/aboutus/access/#ebina)研究棟5階・共通技術研修室で、「Innovation Hub 2023」の1フォーラムとして、「表面設計コンソーシアム 設立講演会~神奈川から世界へ、ものづくり中小企業による産学公地域連携の新しいカタチ~」を開催する。申込はこちらから。

 同フォーラムの内容は以下のとおり

・15:00~15:05    「開会の挨拶」
北森武彦氏(KISTEC 理事長)

・15:05~15:20
「KISTECのものづくり中小企業支援と表面設計コンソーシアム」
髙木 眞一氏(KISTEC 川崎技術支援部長)

・15:20~15:40
「擦り合わせ技術の複合化によるシステムソリューションを目指す」
梅澤 修氏(横浜国立大学大学院 工学研究院長)

・15:40~16:00
「企業連携で目指すもの-新たなビジネスモデルと複合技術によるイノベーション」
熊谷正夫氏(不二WPC 取締役 技術開発部長)

・16:00~16:15
「メンバー各社の得意技術紹介①」斉藤 邦夫氏(不二WPC 技術開発部 主任研究員)

・16:15~16:30
「メンバー各社の得意技術紹介②」池永 薫氏(日本電子工業 相模原工場長)

・16:30~16:45
「メンバー各社の得意技術紹介③」中村正美氏(武藤工業 企画開発部長)

・16:45~17:00
「メンバー各社の得意技術紹介④」木田成人氏(昭和精工 代表取締役)

・17:00~17:15
「メンバー各社の得意技術紹介⑤」髙木眞一氏(KISTEC 川崎技術支援部長)

kat

第11回マヌス賞 受賞事例4件を公表

2ヶ月 2週 ago
第11回マヌス賞 受賞事例4件を公表kat 2023年09日22日(金) in

 イグスは、自社のすべり軸受けを創造的に使用した事例を表彰する「マヌス賞」を2年に一度開催しているが、このほど「第11回マヌス賞」の受賞事例を公表した。今回は世界36ヵ国から480の使用事例が寄せられ、アイデアや機能性、節約、効果、差別化などの基準で審査される選考プロセスを勝ち抜き、以下4件の事例がマヌス賞に輝いた。

第11回マヌス賞授賞式の様子

 

マヌス金賞:液体窒素肥料を農地に供給するパラリンケージコールター/J&M Manufacturing社(アメリカ)

 J&M Manufacturing社は、無潤滑の樹脂製ベアリングを使った新型の農業機械をサステナブルで経済的に使用した事例でマヌス金賞を受賞し、賞金5000ユーロを獲得した。

 同社ではパラリンケージコールターという鍬の機械を開発しており、農家はこれを使ってトウモロコシやジャガイモ、小麦などの農作物に液体窒素肥料を散布している。メンテナンスフリーで運用し、かつ潤滑剤を地中に混入させないために、パラリンケージコールターの設計者は五つある全てのコールターブレードのピボットポイントで、イグスのイグリデュールすべり軸受を使用した。イグリデュールは、液体窒素肥料に触れても腐食せず、揺動運動にも耐性があるベアリングで、潤滑剤を使用する必要がないため、潤滑剤を使用していた分のコストを削減できる。

マヌス銀賞:スリムなデザインの高圧洗浄機ユーザー向けパワードスーツ/Aufratech社(フランス)

 マヌス銀賞には、高圧洗浄機を扱う作業員が着用するパワードスーツ「EXO N」の事例でAufratech社が選ばれた。

 食品業界、造園業、農業などで高圧洗浄機を扱う作業員は、腰に大きな負担がかかる重い機器を使用している。Aufratech社は「EXO N」というパワードスーツを開発し、スーツの中核機能である、ユーザーが背筋を伸ばしたままでランスをガイドできる制御システムのスリム化に成功した。本事例には、イグリデュールすべり軸受とドライリンリニアガイドが採用されている。

マヌス銅賞:自治体車両向けの伸縮式高圧洗浄機/Fiedler Maschinenbau und Technikvertrieb社(ドイツ)

 マヌス銅賞には、汚れた道路や広場を清掃する自治体車両向けの高圧洗浄機の事例でFiedler Maschinenbau und Technikvertrieb社が選ばれた。

 この高圧洗浄機の特長は、拡幅可能な洗浄ノズルを備えている点で、この機能を実現するために、Fiedler社はドライリンリニアガイドを採用している。ドライリンリニアガイドは耐食性に優れているため、摩耗や水、砂、砂利、ブレーキダストに強い耐性がある。加えて、非常に頑丈であるため、縁石や石畳を通過する際の激しい衝撃や振動に耐えることができる。

グリーンマヌス賞:ローダーワゴンや堆肥散布機などに使用される無潤滑ボール式連結装置/Rockinger Agriculture GmbH社(ドイツ)

 グリーンマヌス賞には、ローダーワゴンや堆肥散布機、ダンプカー、農業用噴霧機用の無潤滑ボール式連結装置「KS80」の事例でRockinger Agriculture社が選ばれた。

 この連結装置はカプラーとツメで構成され、高さを調整する機構に設置されている。このボール式連結装置内部には、イグスが同社のために開発したイグリデュール製の頑丈で高性能な耐摩耗性インサートが搭載されている。一体型の固体潤滑剤により、低摩擦で土壌汚染の恐れがない無潤滑運転が可能となった。同社の試算では、ドイツにあるトラクターの1/3が「KS80」と耐摩耗性インサートを搭載すると約8300個分のボール式連結装置が無潤滑で済み、それによって年間8tのグリースを節約できるとしている。
 

4件の受賞事例

 

kat

ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」2023年9月号「特集1:自動車」「特集2:工作機械」発行!

2ヶ月 2週 ago
ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」2023年9月号「特集1:自動車」「特集2:工作機械」発行! in admin 2023年09日21日(木) in

 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第44号となる2023年9月号が9月25日に小社より発行される。

 今号は、「特集1:自動車」、「特集2:工作機械」で構成。特集「自動車」では、カーボンニュートラル実現に向け期待される水素を活用した内燃機関の研究開発の動向から、電動車両の進展とともに要求される静音化などに対応するグリース技術、燃費向上・電費改善につながる自動車部品の低フリクション化と耐久性向上を支えるベアリング&モーション・テクノロジー(bmt)関連技術を紹介する。

 特集「工作機械」では、最近の工作機械の技術と、工作機械を滑らかに高い耐久性・低い消費電力をもって稼働させるbmt関連技術と試験評価技術について紹介する。

特集1:自動車

◇水素を燃料とする内燃機関に関する動向・・・東京都市大学 三原 雄司

◇自動車分野におけるグリースへの各種ニーズと技術対応・・・ニッペコ 西村 寛 氏 に聞く

◇自動車技術会賞に見るbmt関連技術・・・編集部

◇【特集内コラム】賞を頂いた機会に企業生活を振り返って・・・トヨタ自動車 菊池 隆司

特集2:工作機械

◇MECT2023に見る工作機械関連bmt技術・・・編集部

◇ローラースクリューを用いた電動アクチュエータと超薄型ボールベアリングの加工分野における適用・・・木村洋行 足立 健太 氏、北澤 潤 氏に聞く

◇さび・白残りトラブルを低減し、生産性向上に寄与する水置換長期防錆油の開発・・・出光興産 田巻 匡基

◇SRVを利用した金属加工油・クーラントに適したトライボ特性スクリーニングの新たなソリューション・・・Optimol Instruments Prueftechnik GmbH Ameneh Schneider、Felix Zak、訳:パーカー熱処理工業 佐藤 雅之

連載

注目技術:人とくるまのテクノロジー展 2023 YOKOHAMAに見るbmt関連技術

あるコスモポリタンの区区之心 第14回 思考停止と無縁なフランスの哲学授業・・・紺野 大介

トピックス

THK、SMCとハーモニック・ドライブ・システムズ、第2回 3社合同メカトロニクスショーを開催

TECHNO-FRONTIER 2023開催、bmt関連製品が展示

雑誌ご購入

定期購読はこちらから
単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)

 

admin

BASF、中国・湛江の統合生産拠点で合成ガスプラントの建設に着工

2ヶ月 2週 ago
BASF、中国・湛江の統合生産拠点で合成ガスプラントの建設に着工kat 2023年09日21日(木) in

 BASFは、中国・湛江のフェアブント(統合生産拠点)で合成ガスプラントの建設を開始した。フェアブント拠点に完全に統合される世界的規模の合成ガスプラントは、2025年の稼働開始を予定している。BASFは合成ガスプラントにおいて独自のプロセスコンセプトを採用、従来の合成ガスプラントよりもCO2排出量を削減することで、同社のサステナビリティ目標達成に貢献していく。

BASF湛江フェアブント・プラント建設開始式典の様子

 

 この最先端の設備では同社の生産フェアブントで使用される合成ガスと水素が製造される。合成ガスプラントで採用される製造技術は、主にエチレンオキサイドプロセスの副産物であるCO2オフガスや、スチームクラッカーの稼働による余剰燃料ガスを利用して合成ガスを製造するもの。

 BASFアジア太平洋地域の石油化学品事業本部のシニアバイスプレジデントである ビア・ダーバー・メータ氏は「合成ガスプラントの技術的コンセプトは中国初となるもので、2050年までにクライメート・ニュートラル(気候中立)を達成するという当社のコミットメントを明確に示すもの。他の技術と比較すると、これらの革新的なプロセス技術は湛江フェアブント拠点の直接的なCO2排出量を削減し、特に当社のオキソおよびエチレンオキサイド製品のカーボンフットプリントを低減するのに役立つ」と述べている。

 合成ガスプラントでは上記以外の原料も使用できるため、より安定した生産を実現。2025年までには、再生可能エネルギーを100%利用する電力が供給される予定としている。

 BASFの湛江フェアブント拠点は同社にとって最大の投資となり、完成時には最高100億 ユーロに達する見込み。この拠点はBASFの単独責任で運営され、ドイツのルートヴィッヒスハーフェン、ベルギーのアントワープに次ぐ、世界第3位のフェアブント拠点となる。

kat

NTN、水素ステーションの低コスト化・高度化基盤技術開発プロジェクトがNEDO 公募事業に採択

2ヶ月 3週 ago
NTN、水素ステーションの低コスト化・高度化基盤技術開発プロジェクトがNEDO 公募事業に採択kat 2023年09日15日(金) in

 NTNは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「競争的な水素サプライチェーン構築に向けた技術開発事業」において、九州大学などの法人・機関とともに「水素ステーションの低コスト化・高度化基盤技術開発プロジェクトを提案し、このほど開発テーマとして採択された。同社の水素環境におけるトライボロジー技術やノウハウを活用し、水素インフラ整備の進展や次世代エネルギーの普及に貢献していく。

 本プロジェクトでは、同社を含む計11 の法人・機関が連携し、水素ステーションを構成する各種高圧水素機器やホースなど各種部材の高信頼性化、長寿命化による低コスト化、今後想定される水素の大流量化などについて基盤となる研究開発を推進する。

 同社は、本プロジェクトにおいて、高圧水素ガス圧縮機に使用される樹脂製ピストンリングの耐久性・信頼性向上にあたり、長年にわたりエンジニアリングプラスチック製しゅう動部品の開発、製造、販売を通じて培ってきた樹脂材料のトライボロジー技術を活用し、研究開発の推進に貢献していく。

 同社は、省エネルギーに貢献するベアリング技術を幅広い分野で活用し、持続可能な「なめらかな社会」の実現を目指している。新領域として取り組む水素分野においては、水素起因の早期破損を防止する新たな転がり軸受の開発に取り組むとともに、水素関連機器向けのエンジニアリングプラスチック製しゅう動部品の販売拡大に注力している。

 同社では本プロジェクトへの参画を通じて、水素インフラ整備の進展と次世代エネルギーの普及に貢献するとともに、同社の水素関連事業の取り組みを加速していく。

kat

NTN、AI活用した転がり軸受の高精度な余寿命予測技術を開発

2ヶ月 3週 ago
NTN、AI活用した転がり軸受の高精度な余寿命予測技術を開発kat 2023年09日11日(月) in

 NTNは、複数の人工知能(AI)手法を組み合わせ、軸受の余寿命を高精度に予測する技術を開発した。軸受の故障の原因となるはく離が発生してから使用限界までの余寿命を高精度に予測することで、機械設備の効率的なメンテナンス計画の立案を可能とし、生産性の向上やコストの削減に貢献する。

 機械設備に組み込まれた軸受は、使用を続けていくと条件によっては軽微なはく離が発生し、進行すると最悪の場合破損につながることがある。しかし、はく離が発生した後も、機器の構造や設置場所などによりメンテナンスが容易ではない場合は、運転に支障がない範囲において軸受が使用され続けるケースがある。

 軸受の状態は、振動データによる異常検知などにより把握することが可能だが、はく離などの異常が発生した後、どのぐらいの期間、軸受を使用できるのか(余寿命)を精度良く把握する方法はなく、軸受がまだ使用可能な状態でも早めに交換したり、軸受が破損してから交換するケースが一般的となっている。また、現場作業者が長年の経験などに基づいて交換時期などを判断する事例も多く、省人化や自動化が進む中で、機械や設備などのダウンタイムの短縮やメンテナンスコストの低減に向けて、より正確な軸受の交換時期が分かる高精度な余寿命予測技術へのニーズが高まっている。

 これに対し同社が今回開発した余寿命予測技術は、ディープラーニング(深層学習)とベイズ学習を組み合わせることで、軸受のはく離が発生してから破損するまでの余寿命の推定精度を向上させたもの。複数のAI手法の中から、畳み込みニューラルネットワークと呼ばれる画像処理に特化したディープラーニングを選択し、軸受の振動データを画像データに変換して利用することで、軸受の損傷状態や余寿命の予測を可能にしている。

 さらに、軸受の損傷の進行度合いにおける個体差や測定データのばらつき(誤差)を考慮して予測値の信頼性を評価する階層ベイズ回帰を組み合わせることで、信頼性の高い予測モデルを確立した。損傷状態も考慮することで、従来の技術と比較して余寿命の予測精度を約30%向上させている。

 本技術は、2017年に大阪大学大学院工学研究科(本部:大阪府吹田市)に設立した「NTN次世代協働研究所」における共同研究によるもので、同社がこれまで100年以上にわたり培ってきた軸受に関する技術やノウハウと、同大学の福井健一准教授(産業科学研究所)をはじめとする最先端のAI研究に関する知見を融合することにより実現したもの。

 同社は今後、本技術の実用化に向けた検証を進めるとともに、メンテナンスに関連したサービスへの活用を図ることで、機械設備の適切なメンテナンスの実施や、軸受の最適な状態での使用を通じて、生産性の向上や環境負荷の低減に貢献していく。

kat

ジェイテクト、ロードバイク用高性能軸受のラインアップを拡充

2ヶ月 3週 ago
ジェイテクト、ロードバイク用高性能軸受のラインアップを拡充kat 2023年09日11日(月) in

 ジェイテクトは、昨年8月に発売したロードバイク用高性能セラミックボール軸受「ONI BEARING®」のラインアップを拡充する。ONI BEARINGは発売以来、圧倒的な低トルク性能が評価され、全国のロードバイクユーザーに愛用されているが、今回発売1周年を機に、より多くのロードバイクユーザーに「より速く・より快適な走り」を体感してもらうよう型式を増やし、適合ホイールを拡大するもの。

ONI BEARINGとそのロゴ

 

 同社では、1984年に世界で初めて実用化したセラミック軸受の技術と自動車・産業機械向けに培った知見を生かして、ONI BEARINGを開発。本軸受は既存のロードバイク用軸受と比べ圧倒的な低トルクを誇り、漕ぎ出しの軽さとホイール速度維持を実現する。市販ビジネス商品としてサイクルショップなどで販売され、ホイールへの取り付けも行われているす。また、ロードレースの国内トップリーグであるJプロツアー(JPT)で2022シーズンのチーム総合優勝を果たしたMATRIX POWERTAG(マトリックスパワータグ)のレース車両にも採用されている。

 ONI BEARINGの名前の由来は、「ジェイテクトの基本理念」に掲げる「No.1&Only One」から「ONI」を取り、セラミックボール軸受として低トルクを筆頭に圧倒的な高性能、さらには自転車競技の本場欧州への日本ブランドアピールも込めて、ONI(鬼)を商品名に採用している。

 ONI BEARINGは、これまでは主にMavic(マヴィック)ブランドのディスクホイールに適合する型式を製造していたが、その他のホイールを使用するロードバイクユーザーの要望に応える形で、ラインアップを拡充することを決めたもの。ジェイテクトでは、Mavicのディスクホイールだけでなく、リムホイールへの適合をはじめ、DT-swiss、Roval、Bontrager、Vision、ZIPP、ENVE各ブランドのホイールにも適合する型式を提供していくほか、フリーボディにも適合するONI BEARINGも用意していく。詳細は、ONI BEARINGサイト「製品適合表」(https://koyo.jtekt.co.jp/products/onibearing/compatibility_table.pdf)に記載されている。

 ジェイテクトでは、今回のラインアップ拡充による適合ホイールの拡大に続き、今後はボトムブラケットへの展開を予定している。また、自転車競技の本場欧州をはじめ台湾や韓国などアジア圏にも参入し、世界中のロードバイクユーザーにONI BEARINGのメリットを提供していく。同社では引き続き、「ONI BEARINGを皮切りに、アフターマーケット領域でも「地球のため、世の中のため、顧客のため」となる製品開発を進めていく考えだ。

kat

イグス、サイズ・コストダウン可能な、工具不要のケーブル保護管を開発

2ヶ月 3週 ago
イグス、サイズ・コストダウン可能な、工具不要のケーブル保護管を開発kat 2023年09日11日(月) in in

 イグスは、工具不要で組立時間を短縮できるケーブル保護管「エナジーチェーンE4Qシリーズ」として、E4Qではサイズが大きすぎる場合にサイズダウンが可能となり、コストが最大20%削減できる「E4Q.64L」を開発した。

 

 長いフリースパン走行仕様や、高い収納重量を求める用途でも使用可能なケーブル保護管への需要の高まりに対応して、工具不要で開閉可能なロック機能付きのクロスバーにより組立時間を短縮できる「E4Q シリーズ」が開発され、7軸ロボットの走行軸用や工作機械などで採用されている。

 しかし、低・中程度の荷重(工作機械、木工機械、洗車機等で)がかかるような場面では、E4Qはオーバーサイズになることがある。イグスではこれに対し、頑丈で取り付けが簡単なE4Qの特長を残しながら、軽量化し、より安価に提供できるE4Q.64Lシリーズを開発した。横幅のサイズによって、E4Q.64LはE4Qよりも15%~20%のコストが抑えられる。

 E4Qの利点である、ロックフックを2本の指で開閉でき、両サイドのカギを開ければクロスバーを簡単に取り出すことができる構造や、耐荷重機能を持たない材質を排除したバイオニック・デザインはそのままに、E4Q.64LではサイドパーツをE4Qよりも狭くすることで重量を軽くした。また、内寸と外寸の比率を最適化したため、パワーケーブルとデータケーブルを収納するスペースは広くなっている(内高さ:64mm)。

 より軽量で頑丈にして製品寿命を延ばすために、各チェーンリンクに付いているストップドッグをE4Q比で一つ増やし、三つ設けている。外面パーツを特殊なRBPリンクに取り換えると、チェーンは、二つの曲げ方向で動作できるようになる(逆曲げ半径[RBR]と呼ばれる状態。例えばロボットの1軸目などで、軸周回転運動を実現することを意味する)。

 イグスの研究機関で実施したテストにおいてE4Q.64Lは、フリースパン走行仕様にも使われている14240シリーズよりも30%強度が増していることが確認されている。これは、同収納重量で、最大20%製品寿命が伸びることを示す。例えば、4kg/mの場合、現行モデル(E4/lightおよびE4.1)では、フリースパン走行仕様が最大2.7mのところ、E4Q.64Lでは最大3.2m可能となる。E4Q.64Lは、優れた強度により、以前よりも低いコストで多様な場面での使用が可能になっている。

 E4Q.64Lでは、さまざまな横幅サイズがある既設E4Q型のクロスバーを利用できるため、100~500mmまで29種類の幅のクロスバーから選定できる。

kat

THK、SMCとハーモニック・ドライブ・システムズ、第2回 3社合同メカトロニクスショーを開催

2ヶ月 3週 ago
THK、SMCとハーモニック・ドライブ・システムズ、第2回 3社合同メカトロニクスショーを開催kat 2023年09日11日(月) in in

 THKとSMC、ハーモニック・ドライブ・システムズの3社は「直動転がり案内」「自動制御機器」「精密制御用減速機」における業界のリーディングカンパニーとして、8月31日と9月1日の両日、東京都港区の東京ポートシティ竹柴 東京都立産業貿易センター浜松町館で、「第2回 3社合同メカトロニクスショー」を開催した。

会場の様子

 

 初日の8月31日には、オープニングセレモニー後に3社社長による座談会が開催された。ロボットを導入して自動化を推進する中での、人材に求められる要件などについて意見が交わされた。

 寺町彰博THK社長は、究極の自動化である無人化の段階においては、コストダウンを度外視しても将来につながる技術を職人的に開発していく人材や、出来上がった技術を自動化に組み込んでいく人材など、より知能ベースの人材へと変わっていく必要があり、人が活躍する労働環境を日本が先陣を切って作っていくべき、と語った。

 髙田芳樹SMC社長は、究極の自動化の段階でも、完全に機械任せにするのではなく、ここから先は人間の脳を使うといった線引きが必要、と述べた。

 長井 啓ハーモニック・ドライブ・システムズ社長は、人手不足問題を解決するために人の作業を完全に肩代わりできるロボットを導入し無人化できたとしても、人が担う必要のある作業は必ずあり、その段階で人がどのような思想を持って臨むかが重要、と言った。

3社社長座談会の様子

 

 当日はまた、各社によるセミナーが以下のとおり行われた。

・「「掴む」の最新動向」…SMC

・「「省エネ化」「省人化」「自働化」を実現するTHK直動システム技術紹介」…THK 

・「ハーモニックドライブの挑戦 ~産業そして宇宙開発~」…ハーモニック・ドライブ・システムズ

 二日目の9月1日には、ジェイ・ウィル・コーポレーション 佐藤雅典社長による基調講演「日本の中堅・中小製造業の可能性」がなされたほか、3社連携デモ機 技術者座談会、会社説明会(就活生向け)、先輩社員座談会・質問コーナー(就活生向け)などが行われた。

 両日にまたがって開催された展示会では、THKがさまざまなワークの凹凸に合せて12本のシャフトをならわせてロックする“ならい機構”を採用したロボットハンド「ならいハンドシリーズ(TNH)」や、自由度の高い多指ハンドにカメラを搭載し多種アイテムをピッキングできる「見る・取る・移す」をオールインワンにしたピッキングロボットハンドシステム(PRS)などを紹介した。

THK「ならいハンドシリーズ(TNH)」

 

 SMCブースでは、省エネ、協働ロボット、トピックスなどのゾーンを設けて展示。省エネ製品としては、空圧駆動の自動制御機器に使用される増圧ポンプで、増圧時に消費するエアを従来品比40%低減することに成功した「省エア増圧弁 VBA」を、協働ロボット関連では、エアグリッパ、真空グリッパ、マグネットグリッパなどの「協働ロボット用グリッパ」を紹介した。

SMC「省エア増圧弁 VBA」

 

 ハーモニック・ドライブ・システムズのブースでは、ドライバ内蔵によってコンパクト化や省配線化が図れる上、CANopen、Ethernet、EtherCAT対応の高速通信・制御が可能な中空シャフトアクチュエータ「ドライバ内蔵アクチュエータ(IHD)」や、高精度な指先位置制御と操り制御を実現するためサーボモータとハーモニックドライブ®減速機を組み込み、低バックラッシュ駆動を実現する「ヒューマノイド指モジュール」などを参考出品した。

ハーモニック・ドライブ・システムズ「ドライバ内蔵アクチュエータ(IHD)」

 

 両日ともまた、「コストパフォーマンス、親和性の高いデザイン、コンパクトサイズ+実用性」をコンセプトに掲げた、3社連携による協働ロボットのデモンストレーションが実施された。

 このコンセプトを実現するため、THKインテックスの移動型 人協働双腕ロボット「Fillie(フィリー)」をベースに、SMCはエア供給チューブ1本、電気配線1本を接続するだけで動作可能な協働ロボット用エアグリッパ「RMHシリーズ」と、1台で正圧または真空圧(真空ポンプ)として使用可能なコンパクトコンプレッサ「CRPシリーズ」を提供。

 ハーモニック・ドライブ・システムズはまた、小型・高トルク・高位置決め精度の減速機「ハーモニックドライブ® CSFシリーズ」を提供した。関節部の張り出しを抑え駆動用モータの小型化に貢献するほか、中空構造が可能なためモータやセンサのケーブルなどを通せて設計の簡素化につながり、さらにゼロバックラッシが生み出す高い位置決め精度により、人に代わってロボットが行う細かい作業を可能にする。

3社連携デモンストレーションの様子

 

kat

NTN、大阪科学技術館の展示をリニューアル、ベアリングの仕組みや用途を楽しく学習

3ヶ月 4週 ago
NTN、大阪科学技術館の展示をリニューアル、ベアリングの仕組みや用途を楽しく学習kat 2023年08日11日(金) in

 NTNは、大阪科学技術センターが運営する大阪市西区にある大阪科学技術館にある同社の常設展示ブースをリニューアルした。

 大阪科学技術館では、さまざまな企業や団体が、暮らしの中で活かされている産業技術や宇宙などの科学技術を展示しており、同社は1963年の開館時から常設ブースを出展しるが、同館の大規模改修に合わせて今回、展示内容などを見直しリニューアルした。

 新しい展示ブースでは、実物のベアリングに触れるコーナーや滑り摩擦と転がり摩擦の違いを体験できるコーナー、アクションゲームを通じて、ベアリングの仕組みや用途、摩擦との関係などについて楽しく学ぶことができる。

 NTNは、今後もこのような取り組みを通じて、エネルギーのムダを極限まで低減し産業社会の発展に貢献するベアリングについて、広く地域社会の皆さまへお伝えしてまいります。

NTN展示ブース。テーマは「まさつ」の謎にせまれ! ~めざせ、ベアリングマスター~

 

カラダで感じる「まさつ」の不思議:紐を引っ張り、石を運ぶことで滑り摩擦と転がり摩擦の違いを体感できる引っ張り体験


 

kat

日本ベアリング、小型化と耐久性を両立するクロスローラーガイドを開発

3ヶ月 4週 ago
日本ベアリング、小型化と耐久性を両立するクロスローラーガイドを開発kat 2023年08日10日(木) in

 日本ベアリング(https://www.nipponbearing.com/)は従来製品であるSV形の設計を見直して大幅な性能アップを図ったクロスローラーガイド「スライドウェイ[HV形]」を開発した。

クロスローラーガイド「スライドウェイ[HV形]」

 

 HV形における設計見直しの一つが、ローラーと軌道台の接触長さを長くしたことで、ローラー/軌道台に発生する面圧を従来よりも小さくした。

 また、ローラーピッチを短くすることでローラー数の増加につなげている。これによって、従来品と比較して許容荷重を2倍に、定格寿命距離を7倍に高めている。

 取り付けは従来品と完全互換。HV形への置き換えだけで装置・設備の耐久性向上に貢献できるほか、同等性能でサイズダウン/コンパクト化が可能。

kat

NTN、軸受の診断レポートビジネスを開始

4ヶ月 ago
NTN、軸受の診断レポートビジネスを開始kat 2023年08日04日(金) in

 NTNは、軸受の異常を検知する「NTNポータブル異常検知装置」の測定・分析データに基づく診断結果をユーザーに報告するレポートビジネスを開始した。機械保全を行うユーザーに診断レポートを提供し、機械保全の信頼性向上と工数削減、安定稼働に貢献する。

NTNポータブル異常検知装置

 

 NTNポータブル異常検知装置は、設備の振動測定や周波数分析を行うことにより、軸受の異常検知や損傷部位の推定を可能とするデバイス。手のひらサイズのコンパクトさが特長で、振動や異音が気になる設備に取り付けることによりその場で測定と分析ができ、専用アプリをインストールしたスマートデバイスでデータの解析や管理をすることが可能となっている。振動の原因の多くは軸受の異常に起因し、本デバイスを使用することで設備の振動の原因を効率的に調べることができる。

 従来、設備の機械保全は技能員の経験や感覚などを頼りに行われてきたが、近年は人材不足などによりノウハウの蓄積や伝承が困難になっている。また、機械保全に必要な工数を削減し、効率化するため、技能員の経験をデジタル化するニーズも高まっている。NTNポータブル異常検知装置はこうしたニーズに対応する商品として、2020年の発売以来、さまざまな業種のユーザーにその利便性や機能の高さを評価され、これまでに国内外で多数の納入実績を持つ。

 同社ではNTNポータブル異常検知装置の提案を進める中で、徹底した保全体制が必要な重要設備を扱うユーザーから、本商品を用いた機械保全の効率化に加え、機械保全の信頼性をさらに向上させたいという要望が寄せられ、測定データを基にした診断レポートビジネスを開始したもの。軸受メーカーとしての専門知識やノウハウを持つ同社がユーザーのデータを分析し、詳細な診断結果をレポートとしてユーザーに提供する。

 本サービスを自治体の上下水道設備向けに提案したところ、配水ポンプやモータなどの測定データにおいてユーザーの通常の機械保全の方法では認識できない軸受の軽微な異常振動を発見した。その結果、ユーザーが同社の分析・診断結果をもとに新たに修理計画を立てることで、軸受の故障を未然に防ぐことができた。

 国内においては、今後も機械保全のデジタル化に対するニーズが高まり続けると考えられている。NTNは、回転動作が伴うモータやポンプなどの設備を中心に本サービスを展開し、機械保全の信頼性向上と設備の安定稼働に貢献していく。

 同社ではNTNポータブル異常検知装置のほか、軸受や近傍にセンサを取り付けて軸受の状態を監視する商品やサービスも提供しており、本サービスで蓄積した測定や分析に関するノウハウを活用し、「サービス・ソリューション」分野のさらなる展開につなげていく考えだ。

診断レポートビジネスの概要(イメージ)

 

kat

THK、MLBと日本におけるパートナーシップ契約を締結

4ヶ月 1週 ago
THK、MLBと日本におけるパートナーシップ契約を締結kat 2023年08日01日(火) in

 THKとメジャーリーグベースボール(MLB)は、本年7月1日~2024年12月31日の1年半の期間において、日本におけるパートナーシップ契約を締結した。

MLB とTHKのバナー

 

 THKではこれまで東京ドーム、阪神甲子園球場、ヤンキースタジアム、エンゼルスタジアムに企業広告を掲出していたが、今回締結したMLBとのパートナーシップを通じて、成長戦略として掲げる『グローバル展開』のメッセージをより一層日本市場に浸透させるとともに、ビジネス領域の拡大に取り組んでいく考えだ。

 メジャーリーグベースボール(MLB)は、米国とカナダの計30の加盟球団で構成される米国で最も歴史のあるプロスポーツリーグ。米国、カナダだけではなく世界中のコミュニティにおいて、野球によるビジネス、マーケティング、地域とのつながり、社会貢献などあらゆる面で浸透しており、スポーツを通じて社会に大きな影響を与えている。

kat

イグス、無潤滑ボールベアリング用の耐薬品性・高温耐性の新材質を開発

4ヶ月 1週 ago
イグス、無潤滑ボールベアリング用の耐薬品性・高温耐性の新材質を開発kat 2023年07日31日(月) in

 イグスは、無潤滑ボールベアリング「クシロス A500製ラジアル深溝ボールベアリング」の材質として、酸化ジルコニウム製セラミックボールとクシロデュールF500ケージ(保持器)材質の二つの新材質を追加した。

 

 化学産業や半導体産業では、ボールベアリングのような機械部品は頻繁に交換され、システムのダウンタイムのリスクが常に存在する。耐久性に対するユーザーからの要望を受け同社では、クシロスA500ポリマー製ボールベアリングに今回、二つの素材を新しく採用した。新素材を使用した無潤滑ボールベアリングは、化学産業や自動車産業における半導体やバッテリーの製造で発生する、耐薬品性・非金属使用・高温耐性が求められる環境で真価を発揮する。用途に適したケージやボール素材を探すユーザーに対し、さらに多くの選択肢を提供できるようになる。

 今回新しく、ステンレスボールとガラスボールに加えて、酸化ジルコニウム製のセラミックボールを使ったラジアル深溝ボールベアリングの提供を開始する。ボールベアリングの内輪と外輪には、これまで同様、実績のあるクシロデュールA500高機能ポリマーを使用している。セラミックボールは高い強度と高い耐破壊性、低摩耗性、高い耐熱衝撃性を有し、高温耐性・耐薬品性が要求される環境で、ステンレスボールやガラスボールに比べよりも強い耐性を発揮する。

 また、高温用ケージ材としてクシロデュールF500を新しく選択できるようになった。F500ケージは、すでに高い耐摩耗性が実証されているイグリデュールJ3ケージ材をベースに開発。同社ドイツ・ケルン本社にある試験施設では、クシロス ボールベアリングをさまざまな試験装置でテストしているが、強化されたクシロデュールF500ケージは、同等のA500ボールベアリングケージよりも最大50%の長寿命化を達成している。

 また、F500ケージの使用により、無潤滑ボールベアリングは150℃の高温での連続使用に長く耐えられるようになっただけでなく、多くの薬品に耐性を発揮する。

 クシロスシリーズは高機能ポリマー製であるため、従来のステンレス製ボールベアリングよりも最大50%軽量であるほか、ポリマーに組み込まれた固体潤滑剤により、メンテナンスと潤滑油を必要とせず、衛生的に低摩擦の無潤滑運転を可能にしている。また、今回開発した新素材のセラミックボールまたは新ケージ材質を使用したクシロス A500製ラジアル深溝ボールベアリングは、化学・半導体産業における過酷な高温環境でも確実に動作する高い信頼性を実現している。

kat
Checked
47 分 33 秒 ago
bmt配信ニュース ベアリング&モーション技術の情報サイト フィード を購読